流れとは何か?

流れとは何か?

 

流れとは何か?

私はよく、運勢や運命などとは区別して「流れ」と言う言葉を使う。

占いの語るものとは区別して「流れ」と名付けている。

 

改めて、’流れ’とは何かということについて考えている。

どのように表現することができるか、どのように例えることができるか。

オクノインの方でそのことに触れて、たくさんの反響をいただいたので、こちらでも少し書いてみたい。

 

流れと、流れではないものの区別

一例をあげてみます。

 

流れ

①東京大神宮のお守りを買った

②素敵な彼氏ができた

 

×流れではないこと

①素敵な彼氏が欲しい

②東京大神宮のお守りを買う

 

当たり前だが、ここで言いたいのは、流れでない行為が悪と言うことではない。

ただ、それは流れとは違うという区別の話である。

 

この例の違いが感覚として受け取れているだろうか。

 

流れ=線

明確に言えるのは、まず、その行動をする動機の違いである。

つまり、目的手段行動、結果がどのように存在(=点し、つながって(=線いるか。

 

流れとは、このつながりのことと言えるかもしれない。

 

自分がこれらのの存在をどうにつなげているかの現状のパターンを知るのは大事なことである。

この線が絡まって、拗らせている人も多い。

一度、絡まる仕組みができてしまうと、ずっと絡まり続ける。

 

いわゆる、流れている感覚というのは、物事が自然発生的に成されていることともいえる。

勝手に点がきちんと並び、流れができる状態。

為した行動が、結果を成す状態。

 

流れをつくるとは、そのような仕組みをつくることともいえるのかもしれない。

 

 自由大学「’流れ’をつくる手帳学」2期—現在受講生募集中

 

おわり

Written & Photographed by Aki Kunitake