京極夏彦『百鬼夜行 陽』

京極夏彦「百鬼夜行 陽」

「言葉に置き換えた途端に、体験は物語に姿を変えます」

物語とは何かを常に考察している。

 

 

京極夏彦『百鬼夜行 陽』

以下、引用。

「ええ。言葉に置き換えた途端に、体験は物語に姿を変えます。書き記された記憶はもう本来の記憶ではありません。どれだけ客観的に、或いは事務的に書き記したとしても、それは事実ではない。現実は決して書き記すことができないようですよ、平田さん」

以上。

 

 

定本 百鬼夜行 陽

 

Written & Photographed by Aki Kunitake