状況を読み取る力と運勢を読み取る力は同じ②

状況を読み取る力と運勢を読み取る力は同じ

 

状況を読み取る力と運勢を読み取る力は同じ①

 

流れが、運や運勢と言い換えられるとすると、

なんだか、流れに乗っていった方が、とても幸運で、辛いことがなさそうで、楽しそうに思える。

 

実際に、そう謳っている占い師や、スピリチュアルな人々もよく見かける。

 

もう、頑張らなくていいですよ!流れに乗って、楽に生きましょう!と謳う。

 

しかし、そういうことではない。

 

そもそも、流れ(運や運勢)自体にはいいも悪いもない。

そして、流れに乗って生きるということが、「流されて生きる」ことに直結することだってある。

かつ、流れには必ず分岐点がある。

そして、時に、より強大な流れに自分の流れが取り込まれ、巻き込まれることだってあるのだ。

 

まず一番大事なのは、自分自身の流れを知ることと、自分以外の流れを把握することである。

 

その上で、いくつかの動き方がある。

そして、その動き方にはそれ相応の器が必要となってくる。

器は自分がどう生きたいか、どう生きるかによって広がることもある。

 

参考:オクシタニアのエクリチュール「自分軸から考える働き方とは

 

①流れは無視で好きに動く。

自分がやりたい!と思ったことに対して強烈なパワーで推し進めていく。

目標設定を間違うと、ただの自分勝手な人、トラブルメーカーになりがち。

うまくいかなければ、運が悪かったか、自分の実力不足か、準備不足か。

 

②今ある手近で楽な流れに乗る。

悪くなるときは、みんなで。よくなる時もなんとなく。周りの雰囲気で。

流されながら、惰性で生きる生き方。

 

③今ある中で常に最良の流れを選択しながら乗りこなしていく。

観察能力がある。コミュニケーション能力の高い人は普通にできる。

やりすぎると、ただの調子のいい人になったり、自分の力で勝ち取るという充足感不足に陥る。

 

④今ある流れに自分の力を加えてさらに勢いを加速させる。

流れに掉さす。勢いがある状態で、まさに乗っている状態。

ただし、流れに飲まれないで、うまくハンドリングしなければ、ただの一発屋か時代の寵児として名が残るだけ。

文化庁:http://www.bunka.go.jp/publish/bunkachou_geppou/2011_05/series_07/series_07.html

 

⑤今ある流れを利用して、自分に流れを引き寄せることができる。

策士。④と違うのは、流れを自分の思惑の方へ誘導すること。

流れの中でバランスよく自分を鍛え、メリハリよく生きている状態。

 

⑥全く新しい流れを生み、創り出し、人を巻き込んでいける。

かなりの大物。

歴史上の人物や、大企業の創始者など、ある種のカリスマ性を持った人々。

 

どれがいい悪いという話ではなく、その時々で流れを見極め、自分の態度を決めて行くことだ。

 

 

 

状況を読み取る力と運勢を読み取る力は同じ③へ続く

Written & Photographed by Aki Kunitake