シェイクスピア『ハムレット』

シェイクスピア『ハムレット』

 

シェイクスピアはすべての物語の基本。

というと、語弊があるかもしれないが、すべての「読書好き」を自称するとすれば、必ず1冊は通ってほしい。

 

とくに、シェイクスピアの四大悲劇と呼ばれる

『ハムレット』、『オセロー』、『マクベス』、『リア王』

 

戯曲はなかなか敬遠しがちだが、つい、物語に引き込まれる。

なので、最初の慣れの部分だけを頑張ればいい。

 

 

 

本文より

 

言葉は空に迷い、思いは地に沈む。心をともなわぬ言葉が、どうして天に届こうぞ。

 

 

ハムレット (新潮文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・