水星逆行終了しました!

ウィトゲンシュタイン「理解してくれたひとりの読者を喜ばしえたならば」

ロゴス記事用

 

ウィトゲンシュタイン「理解してくれたひとりの読者を喜ばしえたならば」

およそ語られうることは明晰に語られうる。そして、論じえないことについては、ひとは沈黙せねばならない。

とウィトゲンシュタイン自身が著書の意義を要約した言葉はどこかで聞いたことがあるかもしれない。

 

 

ウィトゲンシュタイン「論理哲学論考」

以下、抜粋

おそらく、本書は、ここに表されている思想-ないしそれに類似した思想-をすでに自ら考えたことのある人だけに理解されるだろう。-それゆえこれは教科書ではない。-理解してくれたひとりの読者を喜ばしえたならば、目的は果たされたことになる。

論理哲学論考 (岩波文庫)

 

 

Written & Photographed by Aki Kunitake

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

オクシタニアのオックン。です。
「自分軸」や「自己分析」について日々研究を重ねています。
オクシタニアの活動の他に自由大学で教授も務めています。

目次
閉じる