答えの出し方を学ぶ②

答えの出し方を学ぶ②

 

答えの出し方を学ぶ①

 

通に、学校での学び方を考えてほしい。

 

問題に対して、ただ、「答え」だけを教えてもらって、暗記してもキリがないのだ。

問題は多種多様であり、「答え」を暗記しているだけでは、新しい問題に直面した時に、解けなくなる。

 

星(ホロスコープ)を読む力、

手相を読む力、

タロットカードを読む力、

これらはすべて今、あなたが置かれている状況を読む力そのものになる。

 

占いの技術、知識そのものが重要なわけではない。

もちろん、それらも、すごく面白くて興味深いものなのだが。

 

私自身、最初から、そのように使ってきた。

 

幼いころから、ありとあらゆる占いの情報に触れてきて、

(もちろん、実際に、占い鑑定もかなり受けてきた)

そうして見ていると、

世の中に、いかに占いじゃないものが、占いとして、見せられているかがわかる。

 

もちろん、エンタメとしての占いを否定しているわけではない。

むしろ、ゲーム会社にいた身としては、人を楽しませること、喜ばせることは大好きなわけで、

それは、人にとって、ひとつの救いや突破口になることだってあるわけである。

 

そこに本質があるか、否か。が大事なのである。

 

これは、物語が必ずしも本当に起こったことでなくても「見せられている」ものでも

「見せられている」上での「見せられる」行為としてその中から本質を読み取り

心を動かされることと似ている。

 

占いとしての本質でなくてもいい。

占いを媒体(ツール)として、本質を伝えていればいいのである。

 

流行っているものを適当に寄せ集めて、劣化コピーにして、リリースしたり、

上っ面のアイディアだけで、なんとなく、知識と情報だけ集めてうまいことやったり、

いや、それでも、もちろん、その上物の中に、本質が詰められていればいいのだが。

 

「見せられている」情報に一喜一憂して、

占いはくだらないと決めつけたり、嫌悪感を露わにして「見る」ことを放棄する。

占いだけではない。

それが、人生に対する態度になってはいないだろうか?

 

 

答えの出し方を学ぶ③へ続く

2013年2月11日(月)9:00UP予定


前の記事

答えの出し方を学ぶ

次の記事

答えの出し方を学ぶ③