モノ(プロダクト)に魂を吹き込む

モノ(プロダクト)に魂を吹き込む

 

て。

今年も、この季節がやってきた。

ということで、そろそろこの話をしなければなるまい。

 

一時前、断捨離とか、お片付けノウハウ的なものが流行っていた。

(今も別に廃れたわけではないと思うが)

 

生きていることは、モノが増え続け、ゴミを生み続けることなのであると

日々、ゴミだしのたびに思わずにはいられない。

 

自分でお金を稼ぐようになり、自由に好きなものが買えるようになると、

たくさんの買い物で、たくさんの失敗を重ね、次第に自分のスタイルを確立できるようになった。

 

一番最初に起業したときのカタチは完全に物販である「雑貨屋さん」であったが、

そのときのMDコンセプトはコレだ。

 

”感覚を呼びまし、像力を激し、して止まない、私のパートナー”

 

すでにその時、私のモノに対するスタイルはほぼほぼ確立しており、

モノを消費するのではなく、投資にし、自分の一部としていくことを実践していた。

 

ポリシーは3つ。

(ちなみに、投資としての買い物においてのみ。消耗品の買い物は別である)

 

まずは、「どうでもいいものを所有しない」

自分の身の回りを大切なものばかりで構成することは、シンプルに自分を心地よく幸せにしてくれる。

そして、自分がどんなものが好きで、どんなものに価値を置いているのかがそれだけで一目瞭然となる。

 

そして、「身の丈を知ること」

自分で買えないものは買わないし、欲しがらない。

どうしても欲しければ、それに見合う自分になること。

 

最後に、「買うことは賞賛であること」

そのモノ(プロダクト)の機能はもちろんのこと、信念、情熱、姿勢、哲学に敬意を払い、そして、必ず自分がそれに見合う人間であることを誓う。

そして、その敬意を表して、気持ちよくお金を払う。

決して、ディスカウントしない。なぜなら、私自身の価値もディスカウントされたくないからだ。

 

そんなときに出会ったのが、BREITLING(ブライトリング)だ。

 

モノ(プロダクト)に魂を吹き込む②へ続く

Written & Photographed by Aki Kunitake